神秘的な空や宇宙をもっと知る事が出来るブログ

七夕の天体観測で織姫と彦星の星座位置はどこ?天の川の方角や見やすい時間帯は?

 

7月7日といえば、年に一度織姫と彦星が天の川を渡って、会うことが出来ると言われている七夕。

普段は天体観測しない人でも、天気が良ければなんとなく空を見上げてしまう日ではないでしょうか。

星がよく見える場所なら良いのですが、周りが明るい都会では意外と見つけづらいんですよね…。

今回は七夕の天体観測で織姫と彦星の星座位置や天の川の方角についてお伝えしていきます!
Sponsored Link



天の川の方角や見やすい時間帯は?

天の川の位置や方角は?

7月7日といえば七夕ですが、幼稚園や保育園をはじめ、短冊に願いを書くみんなで楽しめるイベントの一つではないでしょうか。

たまには家族や恋人、友達と天体観測するのも良いですね(*^^*)

七夕だからなんとなく空を見上げても、天の川がどっちにあるのか分からないという方も多いと思います。

まずは天の川の位置や方角を確認していきましょう!

特に都会は明るい場所が多いので、どこにあるのか分かりづらい環境ですよね…。

天の川の方角としては、『東の空』を見上げると見つけることが出来ますよ!

天の川のある東の空には、光り輝いている3つの星があります。

この3つを線で結ぶと、きっと誰しも一度は聞いたことがある『夏の大三角形』となります!

小学校の理科の授業で勉強した覚えがあるのですが、その時は『何故星を線で結ぶ必要があるのか』そこからが疑問でした…笑

今となっては星を線で結んで形を作って、それが星座として表現されて、色々な意味や物語があるので昔の人の考えは深いなぁと感じています。

ちなみに夏の大三角形のうち、2つが織姫と彦星なのですが後ほど詳しく解説していきます!

天の川の見やすい時間帯は?

天の川の見つけやすい時間帯はいつなのでしょうか?

7月7日は梅雨の時期もありますが、ほぼ夏ですし太陽が沈む時間も遅いです。

見やすい時間帯としては、19時台でようやく日が沈む場所もあるので、それから23時ぐらいまでがオススメです!

ちなみに天の川は7月7日の1日限定で見られるというわけではなく、梅雨明けから夏の終わり頃まで見ることが出来ますよ。

万が一見逃してしまったとしても、一応天の川をはじめとする夏の大三角形は見れるので、空を見て癒やされたい時に見るというのも良いですね(^^)

その他の月も見る事が出来ますが、夏が一番見つけやすいと言えます。

そしてやっかいな事に、天の川を構成している星々は非常に小さな星なので、月明かりや明るい都市部では見えなくなる可能性が高いです…。

出来るだけ街から離れて暗い場所が良いですね!

関連記事:天体観測する時の虫除け対策は?虫除けスプレーやリングなどオススメグッズまとめ


織姫と彦星の星座位置の見つけ方は?

Sponsored Link

天の川の方角が『東の空』だと言うこと、そして天の川の周囲に夏の大三角形がある事をお伝えしてきました。

夏の大三角形のうち、2つが『織姫』と『彦星』なのですが、星座の位置は一体どこなのでしょうか?

一際輝いている夏の大三角形の位置が分かったら、あとはどの星がどれなのか簡単に見つける事が出来ます!

画像で一緒に確認していきましょう。

夏の大三角形には『白鳥座のデネブ』『わし座のアルタイル』『こと座のベガ』の3つで構成されています。

上記の画像にも記載していますが、織姫星はベガ、彦星はアルタイルです!

特に夏の夜はこの3つの星はよく見えるので、見つけやすいと思います(^^)/

ちなみに都会や月明かりで夏の三角形が見つけづらい場合、織姫星のベガを見つけられれば他の位置も特定します。

このベガは星の明るさを指し示す数値で、一番明るい0等級です!
(数値が1、2など上がると暗いため見つけづらいです。)

その他のアルタイルは0.8等級、デネブは1.3等級です。

見つけ方として、織姫星のベガを基準にすると、右下には彦星のアルタイル、左下にはデネブがありますよ。

分かりづらい場合は織姫星のベガから探してみてくださいね!


まとめ

・夏の時期、天の川の位置は『東の空』を見上げると見つかる。

・夏の時期、天の川を見つけやすい時間帯は19〜23時ぐらい。

・夏の大三角形のうち織姫がベガ、彦星がアルタイル。

・一番明るい織姫星のベガを見つけると他も見つけやすい!

関連記事:七夕が雨の日だと織姫と彦星は会えない?雨の確率や短冊の願いが叶わなくなる?

今回の記事はここまでです。
空と宇宙の疑問が一つでも解決しましたでしょうか?

少しでもお役に立てれば幸いです(^^)/

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link


空や宇宙が好きな方にシェアしてこの情報を届けてみませんか?

この記事が参考になった、面白かったと思って頂けた方は、
TwitterやFacebookで『いいね!』をして頂けるとすごく嬉しいです(*^^*)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 群青と茜色の星空 , 2018 All Rights Reserved.