神秘的な空や宇宙をもっと知る事が出来るブログ

ゲリラ豪雨と夕立の違いや発生場所は?予測するには積乱雲や入道雲が兆候?

 

梅雨が終わり、気温が高くなる夏は『ゲリラ豪雨』や『夕立』が発生しやすくなります!

これだけ晴れているし、今日は雨が降らないと思っていても、そんな時に限ってゲリラ豪雨に遭遇するんですよね…。

そしてゲリラ豪雨と夕立の違いって何なのでしょうか。

今回はゲリラ豪雨と夕立の違いや発生場所について、また予測する方法をお伝えしていきます!
Sponsored Link



ゲリラ豪雨と夕立の違いや発生場所は?

ゲリラ豪雨と夕立の違い

ゲリラ豪雨と夕立という2つの言葉、それぞれどんなイメージを浮かべますか?

私はゲリラ豪雨は滝のような土砂降りで、夕立も強い雨ですがゲリラ豪雨ほど強くない雨を想像しています。

実は気象庁からすると、ゲリラ豪雨と夕立どちらとも積極的に使わない言葉なんだとか…。

気象庁は正確な情報を分かりやすく伝えるため、『局地的豪雨』や『局地的な大雨』といった言葉を使って解説しています!

確かに局地的豪雨という言葉も、ゲリラ豪雨と同じぐらい耳にする機会がありますよね。

災害クラスのひどい雨を想像する方も多いのではないでしょうか…(._.)

反対に夕立という言葉は、最近あまり聞かなくなってきたように感じています。

さて、ゲリラ豪雨と夕立の違いですが大きく分類すると、

・ゲリラ豪雨
→予測することが難しく突発的な豪雨の事を言い、数十分から数時間降る事があります。
・夕立
→夏の午後から夕方に降るにわか雨の事を言い、数十分ほどで収まることが多いです。

ゲリラ豪雨はいつ何時発生するか予想が難しく、夕立は夏に降るにわか雨という所がポイントですね!

ちなみにゲリラ豪雨と夕立どちらとも、地上の空気と上空の空気の温度差(積乱雲が原因)で発生します。

この温度差で大気の状態が不安定になり、一時的に集中豪雨が降るという仕組みです!

またゲリラ豪雨は、近年よく耳にする事が多い地球温暖化や、エアコンの室外機から放出する熱などが原因のヒートアイランド現象によって、時間帯を問わず発生しやすくなっています。

以上から、ゲリラ豪雨は人間の生活が影響を与えている雨、夕立は自然に発生する雨というように違いがあると言えます。

関連記事:風が吹く原理や発生源はどこ?偏西風や貿易風と季節風の種類の違いは?

ゲリラ豪雨や夕立の発生場所は?

ゲリラ豪雨や夕立はどんな場所が発生しやすいのでしょうか?

ゲリラ豪雨や夕立が発生する原因は積乱雲なので、やはり大きな積乱雲の下は発生しやすい場所と言えそうです。

また上記にあるヒートアイランド現象を考慮すると、各都道府県の都市部も発生しやすい場所と言えます。

現に2017年にはゲリラ豪雨の予想発生回数は、東京都・愛知県 ・大阪府で200回以上と予想されていました。

どこにいてもゲリラ豪雨に遭遇する可能性はありますが、特に都市部に出かけている際は、定期的に雲行きを見て行動した方が安心かもしれませんね。


予測するには積乱雲や入道雲が兆候?

Sponsored Link


ゲリラ豪雨や夕立を予測するには、積乱雲や入道雲が兆候なのでしょうか?

特にゲリラ豪雨は大きな人的災害を引き起こすほどの雨量が短時間で降ります。

数十mmから百mm前後降る事があり、仮に1時間に100mm降ったとすると、バケツをひっくり返したかのような激しい雨が降ります。

この1時間で100mmの降水量とは、1時間で水深10cmまで溜まるという事です!

10cmだと少なく感じますが、東京都全域で10cm水が溜まったらどうでしょうか…?

道路に設置されている排水も追いつかず、すぐに溢れてしまう事が想像出来ると思います…(*_*)

こういったゲリラ豪雨の兆候は、急速に発達する積乱雲や入道雲(積乱雲の一部)を発見できれば予測出来る可能性が高いです。

特に雲の色に注目すると良いですね!

ゲリラ豪雨のような局地的豪雨を降らせる雲の色は、グレーの雲や黒に近い色をした雲です。

遠くからだと白く見えますが、真下からだと黒く見えるので、黒い雲が近いと感じたらそれはゲリラ豪雨の兆候だと言えます。

また夏で暑いはずなのに、ひんやりした空気が感じる時も要注意です!

以上のように、積乱雲や入道雲が近くにあって、黒い色の雲で空気がひんやりと感じたら、ゲリラ豪雨や夕立が来る可能性が高くその兆候だと言えます。

またiPhoneやAndroidなどのスマホを使われている場合、GPSを利用した天気アプリで現在地の雨雲レーダーを確認しておくというのも身を守る一つの手ですね(^^)


まとめ

・ゲリラ豪雨は予測することが難しく、人的災害を引き起こすほどの雨量が短時間で降る。

・夕立は夏の午後から夕方にかけて短時間降る。

・ゲリラ豪雨は温暖化やヒートアイランド現象から特に都市部が発生しやすい。

・積乱雲や入道雲の色と空気の冷たさである程度予測する事が出来る。

関連記事:空と宇宙の違いや境目はどこからどこまで?カーマンラインと大気圏の区別で決まる?

今回の記事はここまでです。
空と宇宙の疑問が一つでも解決しましたでしょうか?

少しでもお役に立てれば幸いです(^^)/

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link


空や宇宙が好きな方にシェアしてこの情報を届けてみませんか?

この記事が参考になった、面白かったと思って頂けた方は、
TwitterやFacebookで『いいね!』をして頂けるとすごく嬉しいです(*^^*)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 群青と茜色の星空 , 2018 All Rights Reserved.