神秘的な空や宇宙をもっと知る事が出来るブログ

【東京】6月うしかい座流星群2019の観測スポットで関東の穴場やオススメ場所はどこ?

 

あまり知られていませんが、梅雨の時期には6月うしかい座流星群を観測する事が出来ます。

6月28日に極大を迎えるのですが、条件が合わないと観測できないので非常にレアな流星群です!

関東だと都心に近い場所が多いので、街明かりであまり見えないと思いがちではないでしょうか?

実は電車や車で1〜2時間ほど移動すれば綺麗に観測できる場所もありますよ。

今回は6月うしかい座流星群の観測スポットで関東の穴場やオススメ場所をご紹介してまいります!
Sponsored Link



6月うしかい座流星群を観測しやすい環境は?

東京や関東だとなかなか観測出来ないと思いがちではないでしょうか?

確かに新宿や渋谷といった東京のど真ん中の場所では、観測するのはかなり難しいです…。

ただ1時間ほど電車で移動すれば、東京都内であっても月明かりを避ければ観測出来ますよ(^^)

6月うしかい座流星群は6月28日の朝7時に極大(ピーク)を迎えます。

観測できる方角は特に決まっておらず、どの方角からでも見ることが出来ます!

どこを見て良いか分からない場合、うしかい座付近が放射点となる『北東の空』が観測しやすいと思います。

観測しやすい環境としては、月明かりや街明かりのない暗い場所が良いですね!

少しでも明かりがあると綺麗に見えなかったり、見逃してしまう可能性が高まってしまいます…。

6月うしかい座流星群は丁度梅雨の時期なので、天候が悪いと観測できないですし、出現が確認出来ない年もあります。

しかし、観測できる時には非常に多くの流星が確認できるので、事前に観測の準備をしておきましょう!

6月うしかい座流星群の詳しい情報は、以下のページを参考にしてみてくださいね(^^)/

関連記事:6月うしかい座流星群2019の方角やピーク時間は?東京や大阪など観測位置まとめ


4月こと座流星群の観測スポットの穴場やオススメは?

Sponsored Link

石神井公園

石神井公園は街中にある公園ながら、自然豊かで公園内の外灯も少ないため、天体観測するにはオススメのスポットです!

何より都心からアクセスが良く、東京駅から向かう場合30〜40分もあれば石神井公園駅まで行けてしまいます(*^^*)

都内で天体観測出来る場所としては比較的有名な場所なので、もしかしたら少し人がいるかもしれません。

ただ夜中は少し人がいるぐらいの方が安心感があると思います!

駐車場も併設されているので、車で向かう際にも行きやすい場所だと言えます。

石神井公園の駐車場情報やアクセスを公式HPで確認

夢の島公園

夢の島公園は新木場駅からすぐの場所にあります!

東京駅から向かう場合、タイミングが合えば10分ほどで到着します笑

もしタイミングが合わなくても20〜30分ぐらいなので、すごく行きやすい場所ですよね。

夜になると街明かりの影響もあまりなく、天体観測しやすい環境だと言えます。

お台場で遊んだ帰りに、終電まで天体観測しようなんていうデートコースもオススメですよ(*^^*)

駐車場も併設されているので、石神井公園と同じように車でも行きやすい公園の一つです!

夢の島公園の駐車場情報やアクセスを公式HPで確認

大麦代園地駐車場(奥多摩)

大麦代園地駐車場は奥多摩湖周辺にある無料駐車場の一つです!

トイレが併設されているので、私のように比較的トイレが近い人も安心感があります笑

もし奥多摩周遊道路を使って奥多摩湖へ向かう場合、時間帯によっては通行できない可能性があります!

奥多摩周遊道路は夏季と冬季で通行時間が定められています。
そのため原則として夜間は通行出来ません。

奥多摩周遊道路の通行可能時間
夏季→4/1~9/30まで8〜19時まで通行可能
冬季→10/1~3/31まで9〜18時まで通行可能

事前に到着時間を定めて、前もって調整しておくと安心ですね!

奥多摩周遊道路のアクセスを公式HPで確認

月夜見第二駐車場(奥多摩)

月夜見第二駐車場は景色がとても綺麗で知る人ぞ知る穴場のスポットと言えます。

ただし、トイレは設置されていないので、他に比べると少し不便かもしれません…。

また奥多摩周遊道路内の駐車場となるため、夜間になると通行止めになってしまいます。

奥多摩周遊道路の通行可能時間
夏季→4/1~9/30まで8〜19時まで通行可能
冬季→10/1~3/31まで9〜18時まで通行可能

天体観測する場合、車中泊が出来る準備が必要だったり、ちょっとハードルが高いかもしれませんね。

トイレが無かったり車中泊に抵抗がなければ、夜は天体観測をして、朝は美しい景色を見れる2度美味しい場所と言えます(^^)
Sponsored Link

武蔵野の森公園

武蔵野の森公園はランニングスポットとして有名で、地元の方がよく利用されている公園です。

東京駅から向かう場合、1時間前後で行けますし都心から少し離れているため、穴場のスポットと言えます!

周りに高い建物が少なく、夜になると街明かりの影響もそこまでないので天体観測しやすい環境ですね。

広大な芝生に寝転がってゆっくりと星を眺められるので、家族や友達と一緒に行くにはぴったりの場所ではないでしょうか(^^)/

武蔵野の森公園の駐車場情報やアクセスを公式HPで確認

砧公園

砧公園も東京都内で天体観測しやすい場所としてオススメスポットの一つです!

東急田園都市線の用賀駅から歩いて向かうと行きやすいと思います。

東京駅から向かう場合、大体30分ぐらいで用賀駅に到着するのでかなり近いですね!

住宅地が近いので、静かな環境でゆっくりと天体観測出来るのではないでしょうか。

駐車場も併設されているので、車で向かう際にも駐車場を探す心配がなく行きやすいと思います。

砧公園の駐車場情報やアクセスを公式HPで確認


まとめ

・新木場の『夢の島公園』であれば東京駅から10分で行ける。

・都心から1時間ほど離れれば、街明かりも少なく静かで天体観測しやすい環境の所が多い!

・奥多摩方面は車中泊出来る準備があると安心!

・奥多摩周遊道路を使う場合、通行時間に気をつける必要がある。

関連記事:2019年夏は猛暑でうだるような暑さ?予想気温とエルニーニョ現象の影響についても

今回の記事はここまでです。
空と宇宙の疑問が一つでも解決しましたでしょうか?

少しでもお役に立てれば幸いです(^^)/

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link


空や宇宙が好きな方にシェアしてこの情報を届けてみませんか?

この記事が参考になった、面白かったと思って頂けた方は、
TwitterやFacebookで『いいね!』をして頂けるとすごく嬉しいです(*^^*)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 群青と茜色の星空 , 2019 All Rights Reserved.