神秘的な空や宇宙をもっと知る事が出来るブログ

【兵庫】オリオン座流星群2019の観測スポットで神戸の穴場やオススメの場所はどこ?

 

関西方面の兵庫県周辺でオリオン座流星群の観測が出来る場所を探されていませんか?

10月22日に極大を迎えるので、それまでに観測場所を決めておきたいですよね。

秋も深まってきて空気が澄んでくるので、天体観測する方も多いのではないでしょうか(^^)

今回は関西方面の兵庫でオリオン座流星群の観測場所で穴場やオススメスポットをご紹介していきます!

Sponsored Link



オリオン座流星群を観測しやすい環境は?

10月22日に極大を迎えるオリオン座流星群ですが、観測しやすい環境を確認しておきましょう!

まずオリオン座流星群の観測出来る方角は、特に決まっておらずどの方角からでも見ることが出来ます。

もし迷ってしまう場合は、放射点のオリオン座がある付近で『東南東の空』の方が見やすいと思います(*^^*)

また月明かりや街明かりの影響があると非常に観測しづらいので、このような明かりのない場所が良いですね。

オリオン座流星群は、通常1時間に5〜10個ほど流星が観測出来ますが、活発な時は1時間に50個以上見れるかもしれません!

夜になると冷え込んでくるので、温かい格好で観測するようにしましょう。

オリオン座流星群の詳しい情報は、以下のページを参考にしてみてくださいね(^^)/

関連記事:オリオン座流星群2019の方角や極大の時間帯は?東京や大阪など観測位置をまとめ


兵庫でオリオン座流星群の観測場所で穴場やオススメスポットは?

Sponsored Link

六甲山山頂

六甲山は標高931.25mで神戸市内からも近く、アクセスしやすい場所にあります。

ロープウェイでも向かうことが出来ますが、営業時間があまり遅くまでやっていないので、車で向かうほうが良いですね!

神戸市内から車で50分ほどの距離なので、学校や仕事終わりに家族や友達と一緒に行く際、ちょうどいい場所だと思います(^^)

比較的街明かりの影響を受けやすいので、お手軽に天体観測したい方に向いている場所です。

六甲ガーデンテラスや六甲山フィールドアスレチックなど遊んで、その後天体観測というのも良いですね!

六甲山の山上施設の公式HPを確認

摩耶山


摩耶山は標高702mで六甲山と同じく、神戸市内からもアクセスしやすい場所にあります。

神戸市内から車で50分ほどの距離なので、お住まいの場所によって六甲山か摩耶山どちらか近い方に向かうと良さそうです。

摩耶山も比較的街明かりの影響を受けやすいので、お手軽に天体観測したい方に向いている場所と言えます。

摩耶山の展望台「掬星台」は日本三大夜景が見られるスポットとして有名なので、夜景と一緒に天体観測したいと言う方にはピッタリの場所です!

摩耶山のポータルサイトを確認

明石公園

明石公園は神戸市内からだと車で40分ほどの距離にあります。

また目の前の明石駅から徒歩5分ほどで向かう事が出来るので、神戸市内で遊んでから向かってもゆっくり観測出来る場所です!

街明かりの影響を受けやすいので、近くで天体観測したい方向けの場所です(^^)

そして数ある公園の中でもここをオススメする理由が、明石公園のすぐ近くに天文科学館がすぐそばにあるからです!

施設内にはプラネタリウムをはじめ、40cm反射望遠鏡や15cm屈折望遠鏡などが設置されています。

定期的に展望会が開催されているので、望遠鏡を使って普段見れない星を観ることが出来ますよ。

天文科学館の天体観望会の情報はこちら

天文科学館で宇宙について学んで、その後公園で流星群を観測するという一日を過ごすのも良さそうです!

西はりま天文台

西はりま天文台は宿泊施設が併設されている天文台です!

口径200cm反射望遠鏡「なゆた」が設置されている世界最大の公開天文台として知られています。

神戸市内からは車で2時間弱と結構離れているので、しっかり天体観測したい方向けの施設と言えます!

夜通し天体観測する時にキャンプする事に慣れていない場合、こういった宿泊施設が整っていると安心出来ますね(^^)

街明かりの影響を受けづらく、自然豊かな環境で観測出来るので、お子さんと一緒に行くにはぴったりの場所ではないでしょうか。

特に夏は大人気の施設なので、早めに予約しておくと安心です!

西はりま天文台の宿泊情報を確認

三田市野外活動センター天体観測所

三田市野外活動センター天体観測所はバンガローやキャビンなどの宿泊施設が併設されています。

キャンプ場もあり清流で水遊びも出来るので、自然豊かな環境でしっかりと天体観測する事が出来ます(^^)

周りが山に囲まれているので、街明かりの影響が受けづらく星が綺麗に見えますよ!

また予約が必要ですが、天体観測所では40cmの大型望遠鏡が設置されていて、天体指導員の方に説明をして貰いながら天体観測する事が出来ます。

定期的に天体観望会も開催されているので、時間があえば参加するのも良いですね!

三田市野外活動センター天体観測所の公式HPを確認

オーベルジュアルビレオ天文台

オーベルジュアルビレオ天文台は天体観測が出来るホテルです。

60cm反射望遠鏡も設置されていて、ゆっくりと天体観測出来る環境が整えられています。

神戸市内からは車で2時間15分ほどの距離にあるので、まとまった休みの時期でないとちょっと行きづらいかもしれません(*_*)

街明かりの影響を受けづらい環境なので、しっかりと天体観測したい方でキャンプが苦手な方にオススメです!

また食事も美味しいと評判で、レストランの畑で獲れた野菜や地元の食材を使った料理を頂く事が出来ます。

そして近隣には「フォレストアドベンチャー奥神鍋」があり、子供から大人まで家族みんなで楽しむ事が出来ますよ!

オーベルジュアルビレオ天文台の宿泊情報はこちら


まとめ

・オリオン座流星群を観測するなら『東南東の空』を見上げるのがオススメ。

・六甲山や摩耶山は市内からもアクセスしやすい。

・まとまった休みが取れれば、西はりま天文台など宿泊施設があって街明かりが少ない環境がオススメ!

関連記事:オリオン座流星群2019の方角や極大の時間帯は?東京や大阪など観測位置をまとめ

今回の記事はここまでです。
空と宇宙の疑問が一つでも解決しましたでしょうか?

少しでもお役に立てれば幸いです(^^)/

最後まで読んで頂いて、
有難うございました!

Sponsored Link


空や宇宙が好きな方にシェアしてこの情報を届けてみませんか?

この記事が参考になった、面白かったと思って頂けた方は、
TwitterやFacebookで『いいね!』をして頂けるとすごく嬉しいです(*^^*)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 群青と茜色の星空 , 2019 All Rights Reserved.